Skip to main content

Jukujo Class & Regional Beauty: Nagaoka Kyoko

第33回 長岡 杏子さん

子どものころから、”酒とめんと肴“のある暮らしを堪能しています(笑)




Since antiquity Akita prefecture has been known for having some of the most beautiful and fair skinned women in Japan, even according to some folklore. I tend to agree, having been there a few times myself. Some may argue that West Japan have the best looking tofu skinned women....


According to Ms. Nagaoka’s bio she was born and raised in Akita which is a prefecture located in the northern Tohoku region of Japan – snows almost 6 months out of the year up there!
She also talks a little about some of the local specialties of that region; like kirintampo, which is a cylindrical shaped rice stick mashed and grilled in a thick shoyu or soy sauce. She also makes a special mention about wild mountain vegetable. Folks, if you ever have a chance to eat these types of vegetables I highly recommend you try them now, since it’s Autumn already and they’re in season.


Some other points that are worth translating is how after dinner she receives some of the neighborhood elderly folks as guest. A long time ago, Japanese used to do this all the time. People were much closer and warmer towards each other back then than they are now. She can still remember these things! I have had Japanese girlfriends who can’t even remember the Emperor’s birthday, let alone some simple basic historical point in their own life.


The rest of the interview talks about her husband and career in broadcasting . And, most of all she fits the type I like a lot. I wanted to put this out there because I want people to understand what I find are beautiful physical and character attributes in a woman that makes her wholesome and attractive. Simple Beauty at its finest.

第33回 長岡 杏子さん (TBSアナウンサー)

長岡 杏子(ながおか きょうこ) TBSアナウンサー。1971(昭和46)年秋田県生まれ。秋田県立横手高校、慶應義塾大学法学部卒業。1994(平成6)年TBS入社。入社当初から一貫して報道・情報番組に携わる。「サンデーモーニング」「ブロードキャスター」「きょう発プラス!」などを経て、現在、毎週月から金曜日の昼番組「ピンポン!」でJNNニュースを担当する。趣味はゴルフ、茶道、特技は早起き。
名物「横手やきそば」誕生秘話を少しだけ
― 長岡さんのご出身は、酒処の秋田。肴も豊富ですよね。
長岡 きりたんぽ、しょっつる鍋、比内地鶏、お漬物も欠かせないですね。
― 「いぶりがっこ」ですね。
長岡 ええ、それ以外にもいっぱいあります。海の幸はハタハタくらいですが、山菜をはじめ、季節季節に山の幸も。
― 横手やきそばは昔から有名だったんですか。
長岡 私たちは、それが普通だと思っていたのですが、高校卒業後、進学や就職で各地に行った友達が、「どうも、ほかの焼きそばと違うぞ」って。
― どう違うんですか。
長岡 目玉焼きと福神漬けがのっています。他の地域は紅ショウガくらいですよね。それで、同級生が集まったときに、「この焼きそば、売りに出せないだろうか」って話になったそうです。実は、当時の横手市役所の焼きそば担当が同級生で、そんな裏話を聞いたことがあります。
― 具はキャベツと…?
長岡 豚のひき肉です。それから、蒸し麺ではなく、ゆで麺です。
― 確かに珍しい。お酒も有名な造り酒屋がありますね。
長岡 湯沢に「爛漫」「両関」。横手市内では「まんさくの花」「天の戸」などがあります。
― 自分がお酒好きだと気づいたのはいつごろですか
長岡 親戚一同、飲めない人がいないという環境に育ったので、お酒が飲めないと思ったことは、子どものときを含めて一度もなかったですね(笑)。
― ご両親も相当飲まれるのですか。
長岡 父は段々減ってきましたが、昔はビール、日本酒、ウイスキーとフルコースで毎日。晩ご飯が終わるころに、近所のおじさんたちがやって来て、二次会が始まるんです。
味噌も、漬物も、うどんも、ふるさとの味が一番
第33回 長岡 杏子さん
― 郷土食で一番好きな食べ物は何ですか。
長岡 「ちょろぎ」の酢漬けがたまらなく好きで、実家に帰るたびに大量に買って帰ります。
― ご実家では漬けないのですか。
長岡 うちの母は味噌漬けが得意で、味噌も毎年、母が仕込んでいます。米麹はあきたこまち、大豆は地元横手産。塩と水も天然にこだわり、長年愛用の木桶で、鰹節やだし昆布と一緒に1年寝かせるそうです。これを親戚一同に配るんです。ですから、市販の味噌は使ったことがありません。辛口だけど、とんがってない感じでしょうか。
― それは幸せですね。
長岡 叔母は「なた漬け」が非常に得意です。
― あれはうまい! たぶん、秋田だけでしょう。
長岡 大根を鉈(なた)でザクザク切って、麹と塩で真っ白に漬け込み、冬、戸外に出しておくんですよ。
― 凍らせるわけだ。
長岡 シャリシャリとなって、おいしいですね。
― ご自分でも料理をされるんですか。
長岡 朝は毎日、夜は週の半分くらい。手抜きのスピード料理ばかりですけど(笑)。夫が外で焼き肉などを食べてくることが多いので、野菜料理が多いですね。
― 麺類は、やはり横手やきそばですか。
長岡 一番好きなのは、稲庭うどんです。夫の実家が四国で、初めて讃岐うどんを食べたとき、すごく衝撃を受けました。「こんなにコシのある麺があるなんて……」。稲庭うどんは、繊細じゃないですか。讃岐うどんもおいしいですけど、やっぱり私は稲庭ですね。
夜中でも、酔ってはいられません!
― ところで、アナウンサーになろうと思ったのはいつごろですか。
長岡 高校生ぐらいです。弁論大会とか、人前で話すことがすごく好きで、放送部に所属していました。大学生になるとちょうど女子アナが大ブームで……。
第33回 長岡 杏子さん
― なまりは大丈夫でしたか。
長岡 私たちはテレビ世代ですから、そんなに大きくなまったりしませんね。
― 秋田弁は今でも?
長岡 もちろん、母と電話で話すときや、東京でも秋田の友達と一緒のときは、すぐにスイッチが切り替わります。
― 報道番組を担当されていますが、今後やりたいことは?
長岡 やはりニュース系ですね。速報性がテレビの利点ですから。事件でも事故でも、地震でも、何か起きたら一番に報道する。これは、すごくやりがいがあります。今夏、岩手県北部で深夜、地震が発生した際は、慌ててタクシーで駆けつけました。
― 長岡さんが担当だったのですか。
長岡 震度6以上の地震では、報道担当は全員出社になっているんです。
― それは大変だ。
長岡 結局その日は、深夜1時から4時くらいまで特番を放送しました。たまたま、酔っぱらってなかったから良かったんですけど(笑)。

Popular posts from this blog

Shin-Okubo: Little Korea

So I finally got around to going up there to Shin-Okubo,  the land of Seoul via the Yamanote Line.  Been putting this trip off for years for personal reasons;  I am not a fan of Hanlleyu.      I knew why I came up this way, and for none other reason than the food, and maybe to bask in the nausea of Korean romanticist who steal Japanese Jukujo's souls.    But honestly, I like spicy food and stews and pickled vegetables that challenge my taste buds.    I also love the little funky cafes that line the main thoroughfares and alley ways, each with their own little eclectic menus and interior decor.     This place is Korea.  





Shin-Okuba represents more than just a place to relish in Korean culinary delights and K-pop culture, but a place where Koreans can express themselves through their culture.    You can feel the local vibe in the air as you're walking down narrow walkways and footpaths.    I have personally been to mainland Korea six times, so a lot of the nostalgia was there …

August: The Return of Souls

August is peak summer season in Japan.  We can look forward to some of the most spectacular fireworks displays and festivals in the world, especially  in places like Tohoku and Kanto regions.  August is also  the most contentious month of the year in Japan; with the end of the war and war-related guilt.    Then there's the great exodus back home for millions of Japanese.   Obon season is what it's called in Japan, and it's  where families return to their hometowns to remember their ancestors and to spend time with loved ones.  Gravestones are visited, cleaned, and washed; rice or alcohol is often placed on  miniature altars next to a  headstone.  This is a way for Japanese to reconnect with their roots; a way for them to stay grounded and founded in the ways of tradition and cultural protocol.   

For the foreign tourist, some places will be overcrowded and expensive to reach; for Japanese, this is normal and can't be helped.   Wherever you go there will be lines and h…

Japan Board of Education: Amazing Grace...?

Japan Board of Education Textbook.
Amazing Grace
Shuken Shuppan  Polestar textbook English Communication

Preface:  Japanese / Japan is  one of the leading donors in humanitarian aid around the world.   They have donated billions of yen to charities, developing countries, and startup business to just about every country on the globe.  Some Japanese have even taken matters to the extreme  to the point of poking their noses into hotspot areas like Palestine and Isreal, things the Japanese may want to avoid.  Had Japan shared its borders with an ethnic minority with its own government, the relative peace and calm of this country would be questionable.   No other country can be like nor emulate Japan.   So, where does this spirit of charity and altruism come from exactly?   Why do the Japanese feel they need to save the whole world, while caring very little for its own people?   It's the Board of Education...?  The essay below is one such example of what Japanese kids learn in school,…